2011年09月01日

ゴロゴロ

テレビがまだ来ないので本を読み始めた。


まずは
kaoru1.PNG

DVDで鴨川ホルモーを借りてみたら楽しかったので同じ作者の本を。
現実離れしている世界が、歴史を少しかませて語られている。
読んでる最中は大阪お好み焼き食べたくて仕方なくなった!

kaoru2.PNG

kaoru3.PNG

これから上映される映画らしいのだけど
映画の内容は「バーにかかってきた電話」で、タイトルは「探偵はバーにいる」
のほうを使っている。
読みやすく、主人公は私のなかでは完全に大泉洋だった。
ススキノが舞台で、あまりよく知らないのでどんな街なのか探索してみたくなった。

kaoru4.PNG
これもつい先日公開された映画の原作。
映画化されてるからおもしろいのかな〜と思ってそういう本ばかり選んでしまうのだ。
主人公は夏目漱石ファンということになっているのだけど
本の作家名も なつかわそうすけ って。すごい好きなんだろうな、漱石が。
文体も堅苦しい感じがして、読み始めは読みにくかった。


うちのマニアに薦められて読んだ本。
kaoru5.PNG
危険なんだろうな〜とぼんやり感じていたことが、確信に変わっていく感じ。
意外と読みやすく、わかりやすい。
最近は本屋さんで特集を組んでいたりして、売れているようだった。

kaoru6.PNG
「原発のウソ」の中でぜひ一度読んでみてと触れている本。
10年以上も前の話と思えないくらい、この時のことをよく覚えている。
読んでいて辛い感じ。
でもなぜこんなにずさんなんだろうと不思議になる。


次は何にしようかな。読んでいて楽しいのが良いのだけど。



posted by おれんじたろう at 17:09| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。