2011年03月14日

おそれていたことが起こる。


1年半、ずっと心配だったことが起こってしまった。

地震情報を知って、すぐに家族に連絡をとって
電話が通じなかったけど、メールでやりとりできて無事が確認できた。

土砂崩れの起きた福島の現場からは、親戚の家も遠くなく心配だった。
幸いにも皆無事だったようだが
最初の強い揺れに加えて、軒並み震度5や4が続き、こわくて眠れないと従兄弟が言っていたらしい。

母は勿論だが、こんなことは初めてで、本当に恐ろしかったと言っていて
今は暗部屋のラジオだけという、節電に励んでいるということだ。

姉さんの旦那さんは電車が動いていなかったので、家まで3時間かけて歩いて帰ってきたらしい。


こちらでは翌日は日本のニュースをずっとやっており
丁度津波の到達予定時刻だったので、海岸線にphotographer やサーファーや見物する人が詰め掛けている様子を報道していた。


日本の様子を大きいテレビで見ると、それがまた信じられない光景で
言葉を失った。

日本からも何人かの友達がメールを送ってくれて
心配な地域の人には私もメールして
ギリシャや、こちらの友達からも心配のメールや電話が届いた。

それ以来、送ってもらったustreamのHPから朝からほとんど翌朝まで
家に籠って行方を見守り続けています。

今は、募金口座が開設されるのを待ちながら
状況を逐一チェックしています。


東北地方の復興の力になりたいです。
posted by おれんじたろう at 11:35| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。